古いプリンタ

プリンターで印刷をするには、インクが必要になります。
このインクですが、大きく2つのタイプに分けられており、「染料インク」と「顔料インク」があります。
染料インクは、印刷をする際、インクが紙に染みこみます。奥まで染みこむ事によって、発色がクリアーで鮮やかになり、光沢感を得やすいです。
写真印刷に最適な染料インクですが、インクが乾燥するまでに時間がかかってしまうのが注意点として挙げられます。
顔料インクは、インクが紙の表面に定着して印刷されるので、乾燥時間も短く、すぐに色が安定します。使える用紙の幅も広いので、ビジネス用途として使用される事が多いです。

このように、インクにはそれぞれタイプがあり、特徴も違います。購入する際は、それぞれの特徴をしっかりと抑えておき、目的に合わせてから購入するようにします。

効率的

プリンターには様々な種類があります。
たとえば、昔多かったのがドットインパクトプリンターと呼ばれるものです。
これはどのようなものかというと、たくさんのピンをインクリボンに叩きつけて印刷するというものでした。
最近、家庭用のプリンターでドットインパクト式のものをほとんど見ないのは、仕組み上、音がうるさいからです。
なので、家庭では液体インクを使って印刷するもの、あるいはレーザープリンターなど、印刷時にあまり音がしないものが多く使われています。
液体インクを用いて印刷するカラープリンターを利用する場合の注意点として、モノクロでプリントアウトする場合のインクの使い分けというのがあります。
家庭用のカラー印刷機の場合、インクは大きく分けて黒だけのものと、色がついているものの二種類ありますが、色がついているものでも、複数の色を混ぜ合わせることで黒を作ることが出来るのでモノクロでプリントすることも可能です。
しかし、色がついているもので黒を出そうとする場合、非効率的なプリントになってしまいます。
なので、モノクロでプリントするつもりであれば、黒一色のボトルに交換するようにしましょう。
たとえば、年賀状をプリントする場合、モノクロのみというのが普通である宛名をプリントする場合は黒のボトルを利用し、裏面にイラストなどをプリントする場合はカラーインクボトルに交換してプリントすると効率的なプリントを行うことが出来ます。

オススメリンク

アーカイブ

カテゴリー

カレンダー

2014年11月
     
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930